FC2ブログ

サックス 音孔 緑錆



サックスの音孔には緑錆がでやすく

特に、常に閉じているクローズkeyは注意です!!



緑錆を放置しておくと、音孔が腐食しガタガタになります💦そうなるとPADで音孔をきちんと塞ぐことができなくなりますので((((;゜Д゜))))

定期的なクリーニングはとても大切です✴

.05 2021 サックス comment0 trackback0

梱包のプロ Ver.アルトサックス


先日、遠方のお客様よりリピートで

アルトサックスの修理依頼をいただきました❗

その際の“梱包”があまりに模範的だったので

ご紹介させていただだきます(*・ω・人・ω・)✴


①一目で分かる厳重さ




②『PPバンド』をはずす




③梱包のダンボールを守るように巻かれた
 プチプチ(緩衝材)を剥がす。。
 
『上』と書いてあるのできっと中身の上下も完ぺきなはず!!




④ダンボールが開かないように
 ガムテープでしっかり固定してあります❗




⑤ケースピッタリに包めるように
 工作された形跡があります…素晴らしいです😸💕




⑥ハードケースがプチプチに包まれている

 大切な楽器にはそう簡単に辿りつけません!




⑦ここからラストスパートです




⑧年代物ですが、きれいなケースですね




⑨まさかのケースinプチプチ❗
 配送中にケース内で楽器が動かないように固定してありました💡



(ケースが楽器に対してピッタリな場合に、布やプチプチを詰めるとキイが曲がる場合があります!フィット感のあるケースや、詰め物をしたら蓋が閉まりにくい。などといった場合にはケース内の詰め物は無しで大丈夫ですよ✴)


⑩マウスピースなどの同梱物もプチプチ巻きです




以上、梱包レベル120〈Asaxバージョン〉でした🎵



~おまけ~




展開図?



⬆梱包に使用されていた全てのアイテム


ハードケースの直径63㎝前後
一番初めの“梱包フル装備”の時、直径68㎝前後


送料計算で重要なポイントは

箱の外周『高さ・幅・奥行き』の合計㎝❗❗

今回の梱包では100㎝以上120㎝未満だったので

〈120サイズ〉での受付となっていました🌼


※程よいサイズ感の箱に収める場合には

140サイズのダンボール箱がおすすめです🎵

.26 2021 サックス comment0 trackback0

ヤナギサワ テナーサックス 指掛け


ネックの締めねじ一つ、

指掛け一つかえるだけで

音色や吹奏感が変わるので不思議ですね✴



今回はプラスチック製の指掛けから

金属製の指掛けへ交換のご依頼でした!




ネジが固着していなければ

個人でも気軽に取り替え可能かと思います💡

アクセサリー類の取り替えで、いろいろ試してみるのも面白いかもですね🎵


パーツはお高めなので、検討は慎重に…


.22 2021 サックス comment0 trackback0

セルマーバンディー テナーサックス


古いテナーサックス、調子が悪くなるたびに

持ち主の方がPADにサラン〇ップを巻いて

補修していたようです✴


サラン〇ップは万能です。災害時にも役立ちます。




PADはなぜか様々なメーカーのものが付いています



頑丈に巻かれたサラン〇ップを外すのは

思いのほか大変な作業でした(。・ω・。)




セルマーシリーズⅡのPADを使用し、

全PAD交換、洗浄、ネックコルク交換など

必要な作業を一通り行いました🎵



音色はよく響くジャジーな感じで

ご依頼者さまにもお喜びいただけてなによりでした🌼

.05 2021 サックス comment0 trackback0

YAS−62 オーバーホール  【カビ強め】

先日Asaxのオーバーホールをご依頼頂きました❗


コロナの影響で楽器を演奏する機会が激減…

数ヶ月ぶりにケースをあけて感動の再会✴✴


のはずが


カビ大量発生

悲しすぎますね。。




当工房では最近カビにまみれたサックスが

異様なくらい多く持ち込まれます。

例年の梅雨時期はコンクールや夏のイベントに向け

日々練習に取り組みますが


今年はイレギュラー


ジメジメした日々…閉ざされたケースの中で大繁殖


カビまみれの恐ろしいぃ事態です。


三日月にはカビの胞子を完全に

ブロックできるような部屋は完備しておりません…



なので


こういった特殊な事情の楽器は

まず、屋外で分解・クリーニングを致します❗




どんな楽器もカビの心配はありますが

とりあえず様々な要因を一致させないことが大事!

だと思います。



基本的なことですが、

①こまめにケースを開けること

②スワブを楽器と同じケース内に入れない

ようにすれば、、!

多少のリスク回避にはなるのではないでしょうか

.02 2020 サックス comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ミュージックサポート三日月

Author:ミュージックサポート三日月

 

下関の管楽器修理専門店

ミュージックサポート三日月の東本美咲です。2016年に山口県下関市に管楽器修理のお店をオープンしました。このブログでは、私が管楽器修理の修業をしていたころから現在までの作業をご紹介しております。

ミュージックサポート三日月
〒759ー6301
山口県下関市豊浦町大字川棚6878
TEL/FAX 083ー774ー0074
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週火・木曜日

当店のホームページ下関の管楽器修理専門店

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR