FC2ブログ

管の内側、見えないところ。

こんにちは

本日の作業はなかなか・・・幅広い意味で大変でした(笑

これから写真を載せますが

皆々様の気分を害してしまっても

責任は負いかねますので悪しからず

よろしくお願いいたします。


とある学校さんからユーフォニウムをお預かりしました。

ピストン・抜き差し管を全て外して、管内を確認。

・・・・・・。

凄まじい状態に言葉が出ませんでした(笑

ごくごくほんの一部にすぎませんが
とりあえず、こんな感じです↓





残念ながら

学校備品の楽器なんかにはよくあることです。


「綺麗な音で吹きなさい」って言う前に

綺麗な音を出す練習を一生懸命する前に

まずは楽器を綺麗にしてみては如何でしょうか。

゙急がば回れ゙←みたいに

洗う時間を惜しんで練習をがんばるより

少し時間を割いて管内を綺麗にしてあげた方が

早く上達するのではなかろうか…(´・ω・)

と思わずにはいられない今日この頃です。












.21 2015 ユーフォ・チューバ comment0 trackback0

ベル曲がり


こんにちは

お久しぶりの更新です。


ではさっそく

とある学校さんからお預かりした

テナーサックスを紹介します。



どんな状態かといいますと

↓写真の様な有様です


ちょっと分かりづらいですよね

言葉で説明すると

「ベルが曲がってしまい、PADの奥側しか音孔に付いてない」
そんな状態です。

もちろん、こんなことになったら最後・・・低音は出ませんよ


なぜベルが曲がるのかといいますと

原因はいろいろです。


言うなれば、ベルをぶつけた。楽器を落とした。ベルに負荷のかかる形で寝かせて置いた。ベルを掴んで振り回した。

まぁ・・・↑そんな事するお方は滅多にいないと思っております。

1番身近で危険なのは、ケースから出す時です。

ベルって持ちやすいんですよね・・・なんでついつい掴んでしまう

でもダメですよ。

ケースから出す時、仕舞う時はG#キイの上辺りを持ってくださいね。
白い布が巻いてある辺りです


ここって意外と手が入り易くて持ちやすいんですよ。

.15 2015 サックス comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ミュージックサポート三日月

Author:ミュージックサポート三日月

 

下関の管楽器修理専門店

ミュージックサポート三日月の東本美咲です。2016年に山口県下関市に管楽器修理のお店をオープンしました。このブログでは、私が管楽器修理の修業をしていたころから現在までの作業をご紹介しております。

ミュージックサポート三日月
〒759ー6301
山口県下関市豊浦町大字川棚6878
TEL/FAX 083ー774ー0074
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎週火・木曜日

当店のホームページ下関の管楽器修理専門店

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR